目の下のクマを治す薬ってあるの?

目の下のクマを取る,薬
目の下のクマがあると健康なのに疲れていたり、寝不足に見られたしてしまいます。

 

それだけならまだしも、目の下のクマのせいで年齢よりも上に見られてしまったりもします。

 

このように第一印象に大きな影響を与える目の下のクマをなんとかしたいと思っている人は多いです。
目の下のクマを取る,薬
できれば目の下のクマをで治したいところですが、現在のところ目の下のクマによく効く薬というのは市販されていません。

 

目の下のクマを治療する病院で適用される薬

目の下のクマを取る,薬
一方で目の下のクマを改善するための薬を処方してくれる美容外科や美容皮膚科はあります。

 

これらの病院で適用される薬にはハイドロキノンやトレチノインのような外用薬があります。

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるような非常に強力な漂白作用のある塗り薬で、目の下のクマの原因となるメラニン色素を作る細胞の数を少なくしたり、メラニン色素を合成する酵素の働きを弱める作用があります。

 

トレチノイン

 

トレチノインには肌のターンオーバーを促進して、肌に付着したメラニン色素を剥がす作用があり、ハイドロキノンと併用することで高い効果が期待できます。

 

これらの外用薬には高い効果が期待できる一方で次の様なデメリットがあります。

 

病院の外用薬のでデメリット

 

保険が適用されない

目の下のクマを取る,薬

 

しかしながらこれらの病院での治療には一般の皮膚科での治療と異なり医療保険が適用されません。

 

従って全額自己負担となってしまうので治療費がかなり高額になってしまうと言うデメリットがあります。

 

すべての目の下のクマに有効なわけではない

目の下のクマを取る,薬
パイドロキノンやトレチノインは色素が付着したことによるクマである茶クマには非常に有効です。

 

しかしながら目の下の皮膚の内側の毛細血管が鬱血して透けて見える事による青クマや、目の下のたるみによる影である黒クマには効果がありません。

 

すべての目の下のクマに有効なアイクリームとは?

 

このようにすべての目の下のクマを取ることができる薬というのは今のところありません。

 

しかしながらすべての目の下のクマを取ることができるアイクリームであれば存在します。

 

それは「アイキララ」です。

 

目の下のクマを取る,薬

 

アイキララは青クマや茶クマの主な原因である目の下の皮膚やせに着目したアイクリームです。

 

目の下の皮膚やせを解消するためにビタミンC誘導体の一種であるMGAを配合していて、茶クマにも効果があります。

 

その効果は化粧品としては非常に稀なことですが医学誌でも紹介されています。

 

実際の使用者のアンケートでも8割以上の人が何らかの効果を実感できたと回答しています。

 

>>アイキララの詳細はこちら