アイキララが茶クマに効果なしって本当?

アイキララは目の下のクマやたるみを根本からケアするクリームとして人気です。

 

使ってみた方へのアンケートでも高い満足度で評判ですが、すべての目の下のクマに有効なわけではないとの口コミもあります。

 

実は目の下のクマのタイプは1つではなく、できる原因に青クマ、黒クマ、茶クマの3つのタイプにわけられます。

 

そしてそのうち「茶クマ」にアイキララが効かないと言うウワサもあるのですが本当なのでしょうか?

 

せっかくアイキララを購入したのに効果なしなんてことになったら嫌ですよね!
そこでアイキララが茶クマに効かないのは本当なのかしらべてみました。

 

実はは茶クマにも有効なアイキララ

これら3つの種類の目の下のクマのうちアイキララが効果なしと噂される茶クマですが。

 

本当はアイキララは茶クマにも有効です。

 

茶クマの場合、目の下の皮膚やせを解消したところで、皮膚に付いた色が落ちるわけではないのでアイキララの効果が無いように思われがちです。

 

しかしながらアイキララに含まれているMGAには、目の下の皮膚の内側のコラーゲンの生成を促進しながら皮膚のターンオーバーを促す効果もあります。

 

肌のターンオーバーには周期が有り、アイキララを塗ってすぐに効果が実感できるわけではありません。

 

しかしながら継続してアイキララを使い続けることによって間違いなく茶クマを解消することが可能です。

 

アイキララ公式サイトはこちら

↓↓全額返金保証付き↓↓

https://www.eyekirara.com/

 

目の下のクマのタイプについて

 

目の下のクマはその原因により次の3つのタイプに分類されます。

 

青クマ

青クマは血行不良により目の周りにある無数の毛細血管に血液が滞って、それが透けて見えることによるクマを言います。

 

原因は冷えや生活習慣の乱れ、寝不足、ストレス等が挙げられます。さらに喫煙も血管を収縮させるので青クマの原因となります。

 

一般的な対処法としては目の周りをマッサージしたり暖かいタオルで温める方法などがあります。

 

黒クマ

黒クマは目の下の皮膚がたるんでしまったり、凹んでしまったりすることにより影になってしまうことが原因の目の下のクマです。

 

黒クマの主な原因はたるみは加齢によって目の周りの筋肉が弱って皮膚がたるんでしまうことで、凹みは目の周りの脂肪が収縮してしまうことにあります。

 

また生まれつき目の周りの脂肪が少ない場合も凹みによる目の下のクマの原因となります。

 

対処法は目の下の皮膚の凹んでしまった部分にヒアルロン酸を注入するのが直接的な対処法となりますが、他の対処法よりもハードルが高く実行しづらいのが欠点です。

 

茶クマ

茶クマは目の下の皮膚に色素が沈着してしまうことにより色がついて、クマになって見えてしまいます。

 

茶クマの原因は紫外線を浴びてしまったり、こすりすぎてしまうことにより目の下の皮膚がダメージを受けて色素が沈着してしまうことが原因です。

 

またマスカラ等を化粧落としの時にしっかり落としきれずに残ってしまい、そのまま色が付いてしまうことがあります。

 

それぞれの目の下のクマの見分け方

 

アイキララが自分の目の下のクマに効くかどうか知るためには、まず自分の目の下のクマがどのタイプなのか知る必要があります。

 

ここではそれぞれの目の下のクマの見分け方を紹介します。

 

青クマの見分け方

 

青クマは皮膚の内側の組織が透けて見えることにより生じます。

 

だから目の下の皮膚を上下左右に引っ張ったり動かしたりしても、クマの位置が変わらない場合は青クマになります。

 

黒クマの見分け方

 

黒クマは目の下の皮膚がたるんだり、凹んだりすることにより出来る影です。

 

黒クマの見分け方は皮膚を引っ張った時にクマが消える場合は黒クマになります。

 

茶クマの見かけ方

 

茶クマは目の下の皮膚に色が付いてしまうことにより生じます。

 

見分け方は目の下の皮膚を動かした時に一緒にクマも動く場合は茶クマになります。

 

 

アイキララ公式サイトはこちら

↓↓全額返金保証付き↓↓

https://www.eyekirara.com/

 

 

 

アイキララの口コミは嘘?