アイキララがほうれい線にオススメではないって?

アイキララ,ほうれい線
アイキララは目の下のクマやたるみに効果を発揮すると話題のアイクリームです。

 

その効果は化粧品のなかでは非常に珍しい医学誌に掲載と言う実績にも現れています。
アイキララ,ほうれい線
そんなアイキララですが一部でほうれい線にも効果があると言われています。

 

そこでアイキララはほうれい線に効果があるのか?実際に使うことが出来るのか?徹底的に調べてみました。

 

アイキララはほうれい線に効果があるの?

アイキララ,ほうれい線

ほうれい線にも効果がありますが使うのは現実的ではありません

ほうれい線は顔の鼻の両側から唇の両端にかけて伸びる2本の線のことをいいます。

 

ほうれい線ができる主な原因は加齢にともなって顔の頬の部分の筋肉が衰えることにより、頬に付着する脂肪が落ちて下に落ちることによって出来てしまうたるみです。

 

実はこのほうれい線ができてしまう過程は、目の下のクマのうち、目の下の皮膚の内側のコラーゲンが減少して皮膚がハリと弾力を失うことで目の下の皮膚がたるんでしまうことで出来る影である黒クマと非常に似ています。

 

したがってほうれい線にアイキララを塗ることで目の下の黒クマと同様にほうれい線にも効果があるのではないかと思われます。

 

実際にアイキララをほうれい線の部分に塗ることで、その部分のコラーゲンの生成が活性化されて、ハリと弾力が与えられることでほうれい線を目立たなくすることができるはずです。

 

しかしながらアイキララをほうれい線に使うのはあまり現実的ではありません

 

アイキララがほうれい線に使えない理由

アイキララ,ほうれい線

アイキララをほうれい線に使うのはコストがかかりすぎる

確かにアイキララをほうれい線に塗ることで、ほうれい線をある程度目立たなくすることはできるでしょう。

 

しかしながら目の下のクマやたるみのためにアイキララをまぶたの下の部分に塗るのと、ほうれい線を解消するために頬に塗るのとでは必要とするアイキララの量が違いすぎます

 

もともとアイキララは目の下のクマをケアするために必要な量が1ヶ月の分量となっています。

 

そんなアイキララをほうれい線のために使用するととても1ヶ月に1本ではたりません。

 

ほうれい線にはほうれい線専用のものが一番

アイキララ,ほうれい線
アイキララは顔の部分の中でも目に近い一番デリケートな部分に使用されるために、非常に優しい成分で作られていて、その分効果が抑えられている部分もあります。

 

しかしながらほうれい線であれば、目の下に比べればより強い効果を発揮できて、価格も抑えることができる成分を使用することができるので、アイキララと同じ価格で、より効果的な商品を使うことが出来るはずです。

 

したがってほうれい線をケアするのであればわざわざデリケートな部分のためアイキララをつかうよりも、もっと効果的なほうれい線のための商品を使うことがより現実的と言うことになります。